<< 個人練習ボーカルとギターの場合 | TOP | スタジオで練習するポイント >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

個人練習ドラムとベースの場合


ベースとドラムは楽曲のリズムの要です。そのためたぐいまれなるリズムセンスが必要不可欠です。そのため自主練習に多くの時間をかけなければなりません。



初心者の方ならまずはメトロノームを装備しましょう。いろんなリズムで打つことが大事です。



特にリズムは裏拍が大事なので裏拍を意識しておくと良いと思います。



またフレーズが弾きたいと思いますがまずは一定のリズムをキープできるようにするのが得策ですよ!



ドラムの場合もリズムが不可欠で裏拍を重要視しましょう。メトロノームを利用してもしくはCDを聞きながらドラムをたたきましょう。



ドラムセットがないからといってさぼっていいわけではないのです。スティックだけでも練習することはできますよ!

| 個人練習ドラムとベースの場合 | バンドのパート |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

スポンサーサイト

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bocal.jugem.jp/trackback/10
トラックバック