<< ボーカル録音とコンプレッサー | TOP | 個人練習ドラムとベースの場合 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

個人練習ボーカルとギターの場合


バンドメンバーが練習する時はたいていスタジオを借りてするものなんですが、個人練習が必要です。では個人練習はどのようにすればよいのでしょうか。



今回はそんな話をしたいと思います。



ボーカルの場合、歌わないといけません、もちろん場所の選定というのが必要ですが、一番おすすめなのが、プロのボーカルスクールに通うことでしょうか。



自宅でするならDVDなどのレッスンものをえらぶと良いでしょう。



自宅が防音等施していない場合があると思います。



そういうときは少しお金がかかりますが、カラオケに行くことです。平日の昼間ならそんなに高くないと思いますので、一人で2時間みっちり歌うのもよいと思いますよ!



ギターの練習は「マイナスワンCD」というのを使う人が増えていますね。



どういうものかというとマイナスワンCDはある曲が入っているのですがギターのパートだけがないものをいいます。



なので、マイナスワンCDを聞きながらギターを弾くとリズム等も練習できるのでおすすめですよ!



次はリズムの要であるドラム、ベースについて書いてみたいと思います。

| 個人練習ボーカルとギターの場合 | バンドのパート |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

スポンサーサイト

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://bocal.jugem.jp/trackback/9
トラックバック