スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

個人練習ボーカルとギターの場合


バンドメンバーが練習する時はたいていスタジオを借りてするものなんですが、個人練習が必要です。では個人練習はどのようにすればよいのでしょうか。



今回はそんな話をしたいと思います。



ボーカルの場合、歌わないといけません、もちろん場所の選定というのが必要ですが、一番おすすめなのが、プロのボーカルスクールに通うことでしょうか。



自宅でするならDVDなどのレッスンものをえらぶと良いでしょう。



自宅が防音等施していない場合があると思います。



そういうときは少しお金がかかりますが、カラオケに行くことです。平日の昼間ならそんなに高くないと思いますので、一人で2時間みっちり歌うのもよいと思いますよ!



ギターの練習は「マイナスワンCD」というのを使う人が増えていますね。



どういうものかというとマイナスワンCDはある曲が入っているのですがギターのパートだけがないものをいいます。



なので、マイナスワンCDを聞きながらギターを弾くとリズム等も練習できるのでおすすめですよ!



次はリズムの要であるドラム、ベースについて書いてみたいと思います。

| 個人練習ボーカルとギターの場合 | バンドのパート |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

ボーカル録音とコンプレッサー


ボーカルを録音するのにはずせないのがコンプレッサーです。

コンプレッサーはドラムの録音にも向いていますがその理由。

ボーカルとドラムは「音量の起伏が激しい」ということがあげられます。



特にバラードなどでは顕著ではないでしょうか。



そういった音量の変化を一定にしてくれるのがコンプレッサーです。

通常はMTRに内蔵されている場合がほとんどですので、持っているかたは試してみてください。



あとはマイクですね。意外とここを重要視していない方が多いようですがマイクは重要です。

SHUREのSM58かSM57が妥当だと思います。1万前後で買えますので安価ですよね。



ちょっと注意点。SN58はライブ用に向いているという情報もちらほらあります。ですので、素直な録音ができるSM57がボーカル録音には良いのかなとも思います。



はっきりいってマイクはボーカリストの好みもありますし、声質、音量、録音室の大きさなども考慮されないといけないので一概には言えませんが、参考になればいいかなと^^

| ボーカル録音とコンプレッサー | ボーカル上達法 |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ
<< | 2/6PAGES | >>