スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサーサイト | - |
| - | - | pookmark |

▲このページの先頭へ

個人練習ボーカルとギターの場合


バンドメンバーが練習する時はたいていスタジオを借りてするものなんですが、個人練習が必要です。では個人練習はどのようにすればよいのでしょうか。



今回はそんな話をしたいと思います。



ボーカルの場合、歌わないといけません、もちろん場所の選定というのが必要ですが、一番おすすめなのが、プロのボーカルスクールに通うことでしょうか。



自宅でするならDVDなどのレッスンものをえらぶと良いでしょう。



自宅が防音等施していない場合があると思います。



そういうときは少しお金がかかりますが、カラオケに行くことです。平日の昼間ならそんなに高くないと思いますので、一人で2時間みっちり歌うのもよいと思いますよ!



ギターの練習は「マイナスワンCD」というのを使う人が増えていますね。



どういうものかというとマイナスワンCDはある曲が入っているのですがギターのパートだけがないものをいいます。



なので、マイナスワンCDを聞きながらギターを弾くとリズム等も練習できるのでおすすめですよ!



次はリズムの要であるドラム、ベースについて書いてみたいと思います。

| 個人練習ボーカルとギターの場合 | バンドのパート |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ

バンドのパートの役割とは


バンドのパートというのはとても重要です。



たくさんありますが、このパートがないとこのバンドの味がない・・・ってくらいのパートの必要不可欠さがあると良いですね。



さて、バンドのパートにはいくつかありますねボーカル、ギター、ベース、ドラム、キーボードなどがあたります。



一番人気はなんといってもボーカルとギターではないでしょうか。一番目立ちますからね。



それに一番人気が高いということもありギターを弾いている方の人口ってめちゃくちゃ多いのではないでしょうか。



バンドのパートの役割.jpg



ボーカルはバンドの顔です。一番目立ち、一番かっこよくなくてはなりません。



ギターも同じですね。コードを弾いたりソロを弾いたり・・・



ドラムはリズムをコントロールします。バンドの音楽を引っ張る重要な役割です。



リズムといえばベースも同じですね。縁の下の力持ちという存在です。



バンドに花を添えるのがキーボードです。コードを弾かせたら非常にきれいです。



こういった技能を持つメンバーと出会い、1曲でもセッションしたらバンドの楽しさが何倍にも思えてくるでしょう。



それほどパートの持つ役割とは重要なのですね。

| バンドのパートの役割とは | バンドのパート |
| comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

▲このページの先頭へ
<< | 2/2PAGES |